· 

6月の彩り香・・・

昔から、おけいこ事は、6月6日にlはじめると上達すると言われていますが、この日、彩り香のおけいこに初めてご参加いただいた方がありました。
彩り香のおけいこは、毎回違ったカリキュラムがあるので、いつからでも始めて頂くことができます。
和の色と和の香り、両方の学びを深めながら、毎回違ったワークを楽しんでいただけます。
 
今回のワークは、マンダラぬり絵。
色を塗ることで、リラックスホルモンが出て、ココロが穏やかになると言われています。
今回は、それに加え、お香をたいて、天台宗の声明を流し、嗅覚と聴覚からも自身の感性を磨く時間にして頂く予定でした。
 
ところが、私のミスで、お香をたかずに声明だけでぬり絵に没頭する時間になってしまいました。
あっちゃー    ƪ(˘⌣˘)ʃ
なので、完成したマンダラ塗り絵を集めて鑑賞しながら、用意したお香を聞く事にしました。
 
お香は、嗅ぐとかにおうとか言わずに、聞く、と表現します。
今回、焚いてみたのは、乳香・丁子・薫陸香・天然龍脳。
特に評判が良かったのは、天然の龍脳です。
精製した龍脳も、サッパリ爽やかな香りですが、私は天然の龍脳に雑味を感じ、その複雑さが魅力的だと思いました。
ご参加いただいた方の言葉を借りると「ツンではなく、コンとした刺激」
嗅覚で感じたものを、嗅覚以外の表現で表す、というのは体験して初めて得られる感覚だと思うのです。
彩り香では、その感覚を磨くことを大切に考え、何より、体験を重視します。
体験をくり返すために、月に一度の「おけいこ」として、継続できるカタチをとっています。
6月のおけいこは、同じ内容で、あと2回あります。
16日と21日。
何月からでも始められますが、早速今月から!という方、両日とも残りのお席が一つずつあります。
是非、お仲間に加わってください。 
彩り香
藤田たかえ